県民性から分かる相性診断〜県民性の違いも、気になる人の都道府県との相性も当サイトでよ〜く分かります
★あのNAVERのようなモンスターメディアのキュレーションサイトが無料で作成できる Dreamers★
出身都道府県で異なる恋愛間、金銭感、仕事感、県民同士の相性診断など盛りだくさん。気になる人の出身県は?

TOPへ   ★毎月無料で旅行しながら不労所得を手に入れる方法★

山口県


注意事項の後半をご紹介しておきます。

──────────────────────────────────────────
当院では、不調者さんにより早く回復していただきたいという思いで、
最善の提案をさせてもらってます。

上の図でも分かるように、間を詰めて来院されることが、回復への近道です。

痛みはどこからかやってくるのではありません。

物事には原因があって結果があります。
症状や痛みにも何かしら原因があります。

環境や年齢、体重のせいにして、片付けてしまうのは間違いだと思います。

長年かけて負担をかけていたものが痛みとなったり、
日常生活や仕事上の些細なことが、痛みを作り出しているのです。

痛みは自分自身が作り出しているものです。

施術をしても、痛みを作っている様な生活を改善しないのでは、
また痛みを作り出していることになります。

当院では、不調の原因を根本から取り除く方法を追求しております。

一時しのぎのような施術ではなく、
再び痛みが出ないからだ作りの施術を目指しております。

地域の皆様のお役に立てる最新の施術をするために努力しています。
──────────────────────────────────────────

ご家族や友人同士で簡単に行える施術の動画があります。

震災で被災された方、あるいは心を痛めて緊張状態にある方がいらっしゃれば、ぜひ試してみてください。

心のストレスを身体から解きほぐすシリーズぁ。何輿箸婆す

葵療法院やすらぎ

実家に戻り、身の回りのことを自分で行うようになった母。

自活生活から一週間経ちました。

やはり、無理したり、いろんな筋肉を使うようになったためか、
また腰の左側(元々このあたりが弱い)が痛くなったとのこと。

前回の施術から初めて2週間空けての施術でした。

2011/4/16 (11回目)
 筋肉が固くなっていたが施術でほぐれる。
 仰向けに寝て、膝を立てて左右にゆっくり振るストレッチを先生から教わる。


先生から最初にいただいた注意事項の紙を久しぶりに見ました。

その紙に図が載ってあるのですが、
チャート図のように体の状態が、
良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、
全体としては、良くなっていく(上昇していく)ということです。

目先の痛みは、逆に悪くなってしまったとかではないということです。

その紙に書いていた注意事項を紹介しておきます。

──────────────────────────────────────────
・もまない。
・おさない
・たたかない、痛みがあるのにムリに動かさない
・痛みの確認をしない
・動き過ぎない
・あわてない
・痛みは体が治りたがっているサインです。
・間を詰めて来院される事で、回復は早くなっていきます。
・あなたが、あきらめないかぎりからだは回復していきます。
 自分自信が良くなろうとする気持ちが一番です。

この療法は、脳に対する、繰り返しの学習です。
ゆがんだからだを脳が覚えているため、
ゆがみを正しても元に戻ることがあります。
繰り返しゆがみを正すことで、脳が学習していきます。

この療法は、スポーツとよく似ています。
野球をしたことがない人が一度練習しただけでは、うまくなりませんよね?
毎日練習することで、上達していきます。
また上手になりたいという気持ちが大切です。

この療法は、よくなりたいというからだのサインを感じ取り、
ほんのちょっと手助けをする療法です。

治すのは自分自身なのです。
──────────────────────────────────────────

葵療法院やすらぎ



母の腰痛のことで、大きな病院での診療を念頭におかなかったのは、
ほとんど効果がないだろうと分かっていたからです。

私の実体験からも、自分と同じ腰痛の苦しみを持つ人の話からも想像はできました。

おそらくは、CTスキャンかMRIあたりの医療機で分析し、
特に問題ないと言われ、飲み薬と張り薬を処方されるだけだろうと。

痛いがひどい時は注射や牽引を行なったり、赤外線を当てたりする。

でも、これも気休めで、一時的には収まっても、
問題ないレベルまで治っている感覚は絶対生まれないだろうということも。

数十分から1時間待って5分の診察、
特に自分の体の状態を担当医師が掴んでいるわけでもない。

ずっと飲み薬や張り薬をもらい、病院内でマッサージ受けたりリハビリする・・・

今思っても、母の腰痛に無痛ゆらし療法を選択して良かったと思います。

理屈は分かりませんが、痛みには筋肉や脳が関係していることに納得。

ガチガチの筋肉の緊張が続いている状態をゆっくり解きほぐすことが、
こんなにも効果があるとは驚きです。

強い力や反動で行なうストレッチはもってのほかだそうです。

ゴキッ、バキッというイメージとは程遠いゆらし療法は超おすすめです。

ちなみに電気治療は、筋肉が固くなって良くないようです。

調べる限りでは、保険が適用できるためだとか。

私や知人の体験で、電気療法でよくなった方はいません。

気休めです。

葵療法院やすらぎ




その後の母のゆらし療法体験談です。

2011/3/5 ( 6回目)
 行きつけの病院より痛み止め薬を飲み始める。
 痛みに関係なくのみ続けてみるよう勧められる。

2011/3/12( 7回目)
 骨盤のバランスを取るためのストレッチを教えてもらった。
 椅子に座ってのストレッチで、腰の左、右を上げたり、
 前のめりにしたり後ろに反ったりする。
 骨盤が前後に動くことを確認しながらゆっくり行なうことがポイント。

2011/3/19( 8回目)
 手を腰の左右に向けてゆっくり回し、
 ブラブラするストレッチを教わる。
 全身の筋肉をやわらかくするのにいいとのこと。腰にも良い。
 ゆっくり大きくブラブラしながら、段々終わっていくのが良いと。

2011/3/26( 9回目)
 お風呂に入ることが効果的と教わる。お湯の圧力がいいと。
 ゆらし療法の患者さんはお風呂に入っていない方が統計的に多い。
 腰の悪い方は心理的にも身体的な理由からも
 お風呂に入りたがらない傾向にあるということと、
 入らないことで腰に悪い影響も与えていると。

2011/4/2 (10回目)
 腰のまん中が痛いということだが、
 歩きはかなりスムーズになっている状態。
 正座して行うストレッチを教わった。きれいなS字を作るため。
 お腹をゆっくり前に出したり、引っ込めたり。
 ポイントはきつくなる直前で少し止めること。
 腰の悪い人は、逆S字の方が多いとのこと。

10回のゆらし療法での施術について、母を通じて感じたのは、
やはりゆっくりとした動きで筋肉の緊張を解きほぐし、
柔軟な筋肉にすることが、脳の緊張を解くイメージです。

母は、積極的にストレッチを行なうようになり、
精神的にはかなり落ち着きました。

当初は自虐的で、ゆらし療法施術3回目くらいまでは、
ぜんぜん良くならないと疑心暗鬼でした。

しかし、ストレッチだけの毎日を送るのでは、体が鈍ると、
自活したいと思うようまでに心の変化が起きたのです。

そして、一旦実家へ戻ったのです。

初めて二週間の空きになりますが、次回までに骨盤がずれていないか、
筋肉の具合はどうか、不安でもあり、楽しみでもあります。

葵療法院やすらぎ


ゆらし療法の問い合わせから数ヶ月経った今年3月初め、
母がギックリ越しのような症状が突然起こり、
腰の激痛がひどくなって、動けなくなりました。

当然自活ができなくなっていたので、
長男である私のマンションで預かることになりました。

そこで再度、葵療法院やすらぎへ、メールや電話で問い合わせ、
状況を説明した結果、私の自宅福岡県福津市というところまで、
出張していただくことになりました。

先生には片道3時間ほどかかることになるわけですが、
母のゆらしマッサージ体験が静かに始まりました。

時系列に簡単に母の体験談をレポートします。

2011/2/11( 1回目)
 驚くほどゆっくりとしたゆらしに驚き。
 右足が痛くて上がらないのは、筋肉が固まっているとのこと。

2011/2/14( 2回目)
 痛みがひどくなった感じがするとのこと。
 右足の表面的な痛みが腰に移動して、
 右足の本来の痛みが浮上したからということらしいです。
 2回目の施術以降、右足の痛みがなくなった。

2011/2/18( 3回目)
 右足の痛みはなくなっている状態のまま。
 元々痛かった左腰の痛みが出てきた。
 腰全体の痛みというか重みがあり。
 パーキンソン病で入院した頃にできなかった
 手をぶらぶらさせる動きができるようになった。
 パーキンソン病にも良い施術も取り入れているとのこと。

2011/2/20( 4回目)
 動かすことができる可動域が広がったことで
 痛みが発生している状態。
 しかし、伝え歩きはできるようになった。

2011/2/27( 5回目)
 動きはかなりスムーズになったが、痛みはある状態で施術。

腰周りや足の筋肉がほぐれ、動けるようになるにつれ、
逆に痛みは増したが、ここで止めるとダメだろうと直感的に思った。

稼動範囲が広がることに伴う痛みということで本人も納得。

体験談その3へ続く。

葵療法院やすらぎ


昨年2010年、妻の肩こりの治療に何かいいものはないかと、
ネットで検索していたある日、ゆらし療法という言葉を知りました。

葵療法院やすらぎ

メールで何回か内容を問い合わせたて以来、ずっと気になっていました。

無痛ゆらし療法(PST:Painless Swing therapy)というのは、
肉の緊張を優しくほぐし、骨の位置を修正することで、
身体に本来備わっている回復力や免疫力を高め、痛みを解消するものです。

腰痛、オスグッド(成長期の子供の膝の痛み)、
その他肩、膝、背中、足のしびれなど、
あらゆる痛みを解消する効果があるようです。

施術場所については、店舗は構えていないようで、
院長である長居先生による出張か、
先生の自宅のどちらかでの施術(せじゅつ)となります。

場所は、山口県熊毛郡(くまげぐん)平生町(ひらおちょう)です。

妻の肩コリや母の腰痛などを少しでも緩和するために、
無痛とか、脳とか、ゆらしが良いのではないかと、
とても興味が湧いたのです。

自分自身もかつて私は椎間板ヘルニアだったので、
腰痛のつらさはよく分かります。

電気、注射、張り薬、飲み薬、強い指圧、牽引、カイロプラクティック、
その他整体などいろいろな治療法がありますが、
とにかく、従来とはまったく違ったアプローチです。

キーワードは、「無痛」、「筋肉」、「脳」とかになります。

全国にも、療法院があります。

全国の療法院

しかし、あいにく福岡には無かったのです。


自己顕示欲の強い自信家

相性の良い県

 群馬、香川

 義理人情に厚い群馬県人、順応性のある香川県人は、
 山口県人の自我の強さを無理なく受け入れられる存在です。

相性の悪い県

 福島、大阪、広島

 山口県人の自己顕示欲の強さは、
 頑固な福島県人や同じく目立ちがりの大阪人、
 クールな広島県人には受け入れられにくそうです。



基本的には、お金にシビアな山口県人

ユニクロ」の社長柳井氏が、山口出身です。

世間体を気にするあまり、
見栄を張った豪快な振る舞いが目につきます。

しかし、人情に厚く義理堅いので、日頃から恩を売っておけば、
いざというときの手助けも期待できます。

横のつながりが強く、集団で何かをまつりあげる傾向があるので、
金銭面でも「もちつもたれつ」は基本となるのです。


勉強熱心で知識も豊富な山口県人は、大の議論好き。

仕事上でも、会議や商談で、何かと熱くなることもしばしば。

味方についていれば、これ以上頼れる人はいないけど、
敵に回せばこれほどやっかいなものはない。

また、突然頭角を現し、上のポストを狙ってくるのも山口県人

彼らは、自ら勉強し、先輩の仕事っぷりをひそかに観察しては、
盗むべき技を盗んで自分のものにしてしまうくらい、
主体性を持って仕事ができます。

しかも、他人の手助けや、嫌がる仕事を進んで引き受けるので、
仲間からも好かれる存在なのです。

うかうかしていると先を越されてしまう可能性はあります。

やや理想主義に傾倒していることは否めない。

それが首相の輩出が多いわりには、財界人が少ないわけなのです。


山口県人の恋愛には、保守的な幻想がつきまといます。

「男は男らしく、女な女らしく」

男女ともに幼い頃から、そのような父親や母親像を見て
育っているため、その感覚をごく自然に引き継いでいます。

特に女性は、都会に出てもその点だけは崩れず、
ちゃっかり早婚を済ます人が多いです。

夫を立て、内助の功に徹するのをものともしない
しっかり者の嫁ということになります。

男性は、「亭主関白」を彷彿とさせる男気あふれる硬派が多い。

このように、山口県人との恋愛には、たとえうわべだけでも、
男らしい男、女らしい女を演じる必要がありそうです。



最新コメント
最新トラックバック
パソコン修理 新潟 (パソコン故障の修理とPC・OS操作トラブル解決方法)
新潟県のお国自慢
沖縄土産のシーサーの後ろ姿 (主夫ブログ・育児日記with3人の子供たち)
沖縄県人の基本性格
沖縄県の観光旅行での航空便による移動について (日本国内の宿泊・日帰り観光旅行ツアーガイド)
沖縄県人の基本性格
秋田と交流 (教育からみた日本の現状と未来: 秋田と交流)
秋田県人の基本性格
県の無能役人出て来い(大激怒) (シナモンガールは木製の夢を見る 県の無能役人出て来い(大激怒))
秋田県人の基本性格
自殺の多い都道府県 (自殺の多い都道府県 (サイエンスものおきば))
コラム〜秋田県(1)
秋田県の自殺 (田舎へ帰ろう! : 秋田県の自殺)
コラム〜秋田県(1)
三原山火口「死の立会人」 (ぽらん日記 ??雨宮農園の日常??: 三原山火口「死の立会人」)
コラム〜秋田県(1)
秋田大学が自殺予防のスペシャリストを育てる「自殺予防学」を開始 (秋田大学が自殺予防のスペシャリストを育てる「自殺予防学」を開始)
コラム〜秋田県(1)
■■■ 書 籍 ■■■