県民性から分かる相性診断〜県民性の違いも、気になる人の都道府県との相性も当サイトでよ〜く分かります
★1ビットコインが0.07円の2010年に1万円分買って忘れていたら、今30万円の価値になり、両替したら400億円に!★
出身都道府県で異なる恋愛間、金銭感、仕事感、県民同士の相性診断など盛りだくさん。気になる人の出身県は?

TOPへ   ★毎月無料で旅行しながら不労所得を手に入れる方法★

鳥取県

鳥取県人は引っ込み思案な東北気質

相性の良い県

 富山、福井、長野

 中国地方にあって、東北気質の強い鳥取県人には、
 やはり真面目で忍耐強い東北人との相性がいいのです。 

相性の悪い県

 福岡、長崎

 鳥取県人とは対極にある「お祭り大好き」で「享楽的」な福岡、
 「好奇心」が強く、「国際派」の長崎県人とは、
 相容れない関係と思われます。


出雲大社三朝(みささ)温泉など、
古くから観光資源のあった伯耆(ほうき)では、
やや商人気質が残っています。

訪れる人々に、なんとかお金を落としていってもらおうとする
抜け目ない意識が根付いたのでしょう。

しかし、今でも鳥取の温泉地は、人気が高いにもかかわらず、
宣伝といった自己PRが下手なことが災いし、損をしている風もあります。

金銭感覚は、とにかく東北の雪国並みに堅実です。

女性も働き者で、共働きは当たり前。

他人を出し抜こうなどという気概はいっさいなく、
ひたすら正直に一生懸命に働き、地道に貯金を増やします。


鳥取県人には、ひとり地道に黙々と仕事をこなす
職人タイプの人間が多いです。

官僚の輩出率が高いという事実からも、
与えられた仕事をきっちりこなす几帳面で勤勉な気質がうかがえます。

そんな彼らとは、「真面目に、礼儀正しく、控えめに」
付き合うのが一番です。

相当な引っ込み思案ではありますが、
人が嫌がる面倒なことも、地道にこなしていく粘り強さがあるので、
ありがたい存在なのです。

しかし、やはり、鳥取県人は控えめで口下手。

営業的・外交的な要素のある仕事が苦手なのは、
本人も自覚しているところなので、うまくサポートしてあげましょう。


鳥取県人の引っ込み思案は恋愛にまで及びます。

よく言えば、「控えめ」でも、悪く言えば「社交性に欠ける」人たち。

そのため、恋愛はおろか、仲良くなるまでにも時間がかかります。

恋愛に持ち込むまでには、こちら側に相当な我慢強さが要求されます。

鳥取県人の消極性は、そういうものだと解釈し、
覚悟を決めて、じっくり人間関係を深めていきましょう。

男性は、極度の照れ屋。

自分の気持ちをうまく伝えられないのです。

女性も道徳観が強く、いざ恋愛となると、
急にモタモタ躊躇しがちです。

焦って詰め寄りすぎるのは考え物です。

気長にアプローチするしかないのです。


鳥取県のお国自慢

その1:総人口

 全国で最小。

 面積も香川県についで2番目の狭さ。

 今、鳥取では「過疎化」が深刻な問題となっています。

 特に暮らしにくい土地でもないのですが、
 人口流出の歯止めがかけられないでいるのです。

その2:世帯主のこづかいの低さ

 総人口に加え、鳥取では、お父さんたちのおこづかいも
 全国最低ランク。

 なんともかわいそうに思えますが、
 これが鳥取県人の謙虚という美徳として表れています。


県のイメージも人も地味

鳥取県人は総じて、よく働き、忍耐強いですが、
引っ込み思案な人が多いです。

県民性は大きく2つに分かれます。

鳥取を中心とする因幡は、地味で控えめで保守的。

米子を中心とする伯奢は、開放的でさっぱりした気質です。


最新コメント
最新トラックバック
パソコン修理 新潟 (パソコン故障の修理とPC・OS操作トラブル解決方法)
新潟県のお国自慢
沖縄土産のシーサーの後ろ姿 (主夫ブログ・育児日記with3人の子供たち)
沖縄県人の基本性格
沖縄県の観光旅行での航空便による移動について (日本国内の宿泊・日帰り観光旅行ツアーガイド)
沖縄県人の基本性格
秋田と交流 (教育からみた日本の現状と未来: 秋田と交流)
秋田県人の基本性格
県の無能役人出て来い(大激怒) (シナモンガールは木製の夢を見る 県の無能役人出て来い(大激怒))
秋田県人の基本性格
自殺の多い都道府県 (自殺の多い都道府県 (サイエンスものおきば))
コラム〜秋田県(1)
秋田県の自殺 (田舎へ帰ろう! : 秋田県の自殺)
コラム〜秋田県(1)
三原山火口「死の立会人」 (ぽらん日記 ??雨宮農園の日常??: 三原山火口「死の立会人」)
コラム〜秋田県(1)
秋田大学が自殺予防のスペシャリストを育てる「自殺予防学」を開始 (秋田大学が自殺予防のスペシャリストを育てる「自殺予防学」を開始)
コラム〜秋田県(1)
■■■ 書 籍 ■■■