県民性から分かる相性診断〜県民性の違いも、気になる人の都道府県との相性も当サイトでよ〜く分かります
出身都道府県で異なる恋愛間、金銭感、仕事感、県民同士の相性診断など盛りだくさん。気になる人の出身県は?

TOPへ  
トップページ茨城県茨城は「いばらき」と読むの?

茨城県

茨城県=いばらきけん。

「ぎ」でなく「き」なんです。

ほとんどの人が知っているようですが、
勘違いされている方も多いです。

アナウンサーにも「いばらぎ」と読む人がいるそうです。

茨城県庁・広報広聴課によると、
茨城が『いばらぎ』から『いばらき』に変わったということはなく、
廃藩置県のときから『いばらき』だそうです。

「いばらぎ」と言う人が多い理由は、
「茨城の独特のお国訛りのせいだとか。

茨城弁の発音は、か行、た行が濁音になる特徴があるんです。

茨城県内の人は、
自分では『き』と言っているつもりなのに、
他県の人には『ぎ』と言ってるように聞こえて、
『いばらぎ』だと思われるようになったそうです。

「か行」「た行」は言葉の頭にくる場合は濁らず、
間に来る場合だけ濁る。

たとえば、
「わかんない→わがんない(わがんねー)」のように。
 
「茨城」は、昔から「いばらき」が正解。

秋葉原が「あきばはら→あきはばら」になったり、
山手線が「やまてせん→やまのてせん」になったように、
いばらぎ→いばらき ではなかったのです。

ちなみに、大阪府の茨木市も「いばらき」が正解です。

(エキサイトニュース2005年03月24日)

65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法【限定70名様 極秘DVDセミナー付き】


トラックバックURL
この記事へのコメント
2. いばらきでなくいばらぎ   2009年06月18日 16:38
戦後現代仮名遣い通達が出て変えるまで、茨城の仮名書きは「いはらき」と清音かなだけで書かれてました。
これをどう読むかといえば地元訛りの「いばらぎ」です。
江戸時代以降地元の人が「いばらぎ」といい続けて全国に伝播したのです。
歴史と伝統の「いばらぎ」を馬鹿にしてはいけません。
1. れてん   2009年03月07日 04:09
>茨城県内の人は、
>自分では『き』と言っているつもりなのに、
>他県の人には『ぎ』と言ってるように聞こえて、
>『いばらぎ』だと思われるようになったそうです。
根拠あるんですか?
絶対違いますよ。
証拠を言いますね。
茨城県の人とほとんど話したこともない西日本の人も
「いばらぎ」って言いますから。

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
■■■ 書 籍 ■■■