県民性から分かる相性診断〜県民性の違いも、気になる人の都道府県との相性も当サイトでよ〜く分かります
出身都道府県で異なる恋愛間、金銭感、仕事感、県民同士の相性診断など盛りだくさん。気になる人の出身県は?

TOPへ  
トップページコラムコラム〜岩手県

コラム

学生時代、宮沢賢治の世界にハマったこともありました。

たまたま、最近「銀河鉄道の夜」の本が出てきたので、
懐かしい思いをしたばかりです。

直木賞作家の高橋克彦氏の本も読んだことはあります。

歴史小説なんかも好きで、
その関係でよく高橋克彦氏の名前は出てきます。

彼の東北びいきなところが、
よく出ているような気がします。

また、鈴木善幸氏なら分かりますが、

豪腕な小沢一郎氏のイメージは、
岩手県のイメージじゃない気がします。

彼は、生まれは東京だそうで、
本籍が岩手県だから14才までいたそうです。

彼の表面的な人格しか知らないので、
岩手県人の要素を持っているのかはよく分かりません。

実際に行ったことがない県の一つですが、
盛岡、奥州、花巻、平泉、一関くらいの地名は分かります。

一度くらいは行ってみたいですね。


岩手県を一言で言うと、

「そうだ、岩手に行こう」とはならない地味な県

宮沢賢治 eincome 
新編銀河鉄道の夜
詳細はリンクをクリック!
銀河鉄道の夜
詳細はリンクをクリック!
注文の多い料理店
詳細はリンクをクリック!
新編宮沢賢治詩集
詳細はリンクをクリック!

トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1.  文明怪化  [ 本ナビ!by Tamecom ]   2007年10月16日 19:43
 「完四郎広目手控」シリーズの第4弾。  江戸末期に広目屋(広告業)の元に居候して戯作者・仮名垣魯文らとともに事件を解決していた旗本の二男・香冶(こうや)完四郎が渡米先から帰国。新聞の前身で、絵を中心にした「新聞錦絵」に描かれた事件の謎を解き明かす。  ...
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
■■■ 書 籍 ■■■